クレンジングクリーム

敏感肌とクレンジングクリーム

メイクと落とすクレンジングには、さまざまな商品がありますが、その中でクリームタイプもあります。
クリームタイプだと、そのネーミングからかオイルよりも低刺激で優しいイメージがして、心魅かれる感じがします。

 

しかし、これがクリームだからといって、決して肌に優しいわけではないのです。
結局は、ファンディーションなどの顔料を溶解させるため、油と水を界面活性剤で乳化させた物なのですから、特別肌に優しいわけではありません。

 

実は、クレンジングクリームには無駄な水分が多く、メイクになじませるために大変時間と手間がかかります。
時間がかかるということは、それだけ肌をこすることになってしまい、肌に摩擦による負担をかける結果となります。

 

確かにオイルのほうが、密着性の高いファンデーションを落とすには効果的といえますが、その反面良く落ちるということは、オイルも肌に負担がかかるといえます。
オイルにせよクリームにせよ、メイクを落とすという行為自体が、肌に負担をかけているということを、十分に認識しておくことが大切です。

 

それさえわかっていれば、自分の今のメイクを落とすには、どのタイプのクレンジングが、より肌に負担を少なく落とすことができるか、おのずと見えてくることでしょう。

クレンジングクリームの種類

クレンジングといっても、その種類はとても多く、刺激の強いものから弱いものまでさまざまです。
そして、比較的刺激の弱いクレンジングといえば、クリームタイプのものといわれます。

 

その中でも、乳化させて洗い流すタイプと、コットンなどでふき取るタイプのクレンジングがあります。
特に、ミルククリームタイプのクレンジングは、乳液のようなトロミがあり、保湿力がしっかりあります。

 

ミルクタイプになりますと、保湿力が高く、べたつき感も気にならないさらっとした洗い心地になります。

 

ただ、クリームタイプのクレンジングは、お肌に優しい分、洗浄力が弱いというデメリットがあります。
しっかりメイクをしていると、クリームタイプのクレンジングでは、完璧にメイクを落とすことができないかもしれません。

 

そのような場合は、他のクレンジング剤とクリームタイプのものを併用し、使い分けていく事も必要です。
目元など、マスカラなどを使ってしっかりメイクをする人は、目元のみ洗浄力の強いものと使い、クリームタイプで全体を優しくクレンジングをするということも出来ます。

 

お肌に負担をかけないようなクレンジング方法で、肌の保湿も十分に行い、美肌を保ちたいものです。
なるべく肌に負担のかからないクレンジング剤を選ぶことも大切ですが、しっかりメイクの時用に、洗浄力の強いものも常備しておくことも大切です。

クレンジングクリームの効果的な使い方

クレンジングクリームは、オイルタイプのような油性の洗顔料ではなく、油性成分と水成分を配合して作られています。
メイクをふき取るタイプのものと、洗い流すタイプとありますが、今回は洗い流すタイプのクレンジングクリームの効果的な使い方を見ていきます。

 

このクリームタイプを使うときの最大のポイントは、なんといっても、たっぷりクリームを使うことです。
ここでクリームの量が少ないと、逆に肌を傷めてしまう結果になりますので、分量には十分気をつけてください。

 

そしてはじめのうちは、クレンジングクリームが肌にはりつくように密着し、重い手ごたえがあります。
クレンジングの時は圧力がかかりすぎたり、指先に力を入れすぎたりするとお肌に負担がかかるので、あくまでも優しく優しくマッサージしてください。

 

クレンジングを始めてしばらくすると、クレンジングクリームの手ごたえが軽くなり、肌の上をツルツルとすべるような感触に変化してきます。
この変化は、クレンジングクリームが余分な脂や汚れをクリームが抱き込むと、親水性に変化するからです。

 

このときが洗い流すクレンジングクリームをタイミングです。
クレンジングクリームは拭き取らず、たっぷりのぬるま湯で、しっかりすすぎましょう。

 

クレンジングランキング